情報詳細

青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)

明治12年に設立された県下では最初、全国で59番目の国立銀行です。明治37年に親方町に移りました。本館は、この時建てられた新店舗で、設計者は、当時洋風建造物の第一人者で太宰治の生家・斜陽館なども手がけた堀江佐吉によるものです。ルネッサンス調の洋風建築で、頂上には展望台を兼ねた装飾塔をつけ、その先端にはインド寺院に見られるような相輪を配しています。国の重要文化財に指定されています。

住所 弘前市元長町26
問合せ先 青森銀行記念館
電話番号 0172-33-3638
入館料 大人¥200 高校生¥200 小・中学生¥100 ※毎月15日、四大まつり期間は無料開放
開館期間 4月1日~11月30日
開館時間 9:30~16:30(菊と紅葉まつりを除く、まつり期間中は~18:00)
休館日 火曜・8/13・12~3月
交通アクセス JR弘前駅より土手町循環100円バス 約10分、「下土手町」下車、徒歩5分
冬期休業期間 12月~3月
※弘前城雪燈籠まつり期間中(2/8~11)は開館
キーワード 西洋建築・堀江佐吉・洋風・重要無形文化財・冬期休業

青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)アクセス情報

スタートアイコン 弘前駅
ダミー

(申し訳御座いません。ルート情報がまだ登録されていません。)

途中アイコン 陸奥新報前バス停
徒歩パターン

徒歩約3分

ゴールアイコン 青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
スタートアイコン 新青森駅
ダミー

(申し訳御座いません。ルート情報がまだ登録されていません。)

途中アイコン 陸奥新報前バス停
徒歩パターン

徒歩約3分

ゴールアイコン 青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
スタートアイコン 青森駅
ダミー

(申し訳御座いません。ルート情報がまだ登録されていません。)

途中アイコン 陸奥新報前バス停
徒歩パターン

徒歩約3分

ゴールアイコン 青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
スタートアイコン 五所川原駅
ダミー

(申し訳御座いません。ルート情報がまだ登録されていません。)

途中アイコン 陸奥新報前バス停
徒歩パターン

徒歩約3分

ゴールアイコン 青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
スタートアイコン 青森空港
ダミー

(申し訳御座いません。ルート情報がまだ登録されていません。)

途中アイコン 陸奥新報前バス停
徒歩パターン

徒歩約3分

ゴールアイコン 青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
★ 最寄駅・バス停から目的地までのルート
  • 観る
  • 買う
  • 食べる
  • 遊ぶ
  • 泊まる
  • イベント